渡る世間は神様ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS No.5 「せい」と「おかげ」

<<   作成日時 : 2010/07/16 16:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




 ちょっとしたコラムからですが,ある日の朝日新聞に載っていたKさんという女性の体験談が私の目をひいたので,それを紹介しましょう。


 Kさんはかつて寄席文字という文字の書き方を習いにある教室に通っていました。

大学時代に落語研究会に所属していた関係で,寄席文字で看板やめくりを書くためです。

落語家などが出演者の名前を書いためくりの書体が寄席文字で,紙いっぱいに黒々となるように書いて大入りを願い,少し右肩上がりにして興業が日ごとによくなることを祈願しています。


 隈取(くまどり)筆(ふで)と言って書道の筆より穂先が短い筆に墨をたっぷりふくませ,鉛筆を持つように斜めに握って書きます。

書道と違い,かすれてはいけません。

点や撥(は)ねがつながるように書くので,書き順も少々違います。


 月一回開かれるこの教室に,Kさんは大学時代から3年余り通いつめましたが,なかなか上達しません。

次第に,趣味の域を出ている人たちと,大学でお遊び程度にやっていたKさんとでは力の差が歴然としてきました。

練習不足もあり年一回開かれる展示会への出品が憂鬱になってきたのでした。


 そのうちこれは自分の右手が不自由なため,左手で書かなければならないのがいけないのだと思うようになりました。

左から右へ引く横文字の線は,左手で筆を倒して書いたのでは,どうしても勢いよく書けません。

握った手と筆の絵が邪魔になりよく見えません。

いっそ右から左に線を引いて裏返しの字を書いてやろうか,と思うほど悔しく思いました。


 よくよく考えれば,ほかの理由もたくさんありました。

しかし,左手で書くしかない状況の「せい」にするのが一番簡単でした。

もっと必要性に迫られ,もっと練習していれば上達していたかもしれません。

しかし,「○○のせい」でKさんは簡単に片付けてしましました。


 「○○のせい」は,結果が悪かったとき,その原因となった事柄や人を指して使います。

子どもが何かで失敗すると「お母さんのせいだ!」と責任転嫁してくるのがこれです。

これとは反対にものごとがよい結果になったときには感謝の気持をこめて「○○のおかげ」といいます。


 自分の弱点の「せい」にしてぶつぶつ言うより,教室に通った「おかげ」で力不足がわかったこと,展示会で作品を比べた「おかげ」で線の勢いの違いに気づいたことを大事にしなければとKさんは思ったそうです。


 感謝することは大事とはよく言いますが,どうしてなのでしょうか。

「○○のせい」では一見自分を守ることができ一応問題は解決しているようですが,良い気分にはなれず不満が残ります。

その反対に,「○○のおかげ」だと嬉しい気持ちになり得した気分です。

自然と感謝の気持が生まれるように「おかげ」のほうで物事を見ていくようにしようということだと思います。

そうすれば「せい」で片付けなくて済むものがたくさんあるはずです。


 自分のせいにしすぎて苦しんだり,人や物や事柄のせいにして不満がたまったりするより,むしろ冷静に反省した上で自分が少し改善したり工夫することで解決できないかと考えてみるといいでしょう。

さらに,自分が思いもしないような神様のお考えがあっての事と気付くようなこともあると思います。






完本正岡容寄席随筆
楽天ブックス
正岡容/桂米朝(3代目)岩波書店この著者の新着メールを登録する発行年月:2006年11月登録情報サイ

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

四世桂米團治寄席随筆
楽天ブックス
桂米團治(4代目)/桂米朝(3代目)岩波書店この著者の新着メールを登録する発行年月:2007年11月

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
No.5 「せい」と「おかげ」 渡る世間は神様ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる